懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
懸樋工務店のコンセプト
・・・

懸樋工務店のこだわりの家づくり

古民家再生:古くからあるお家に、この先もすみ続ける

子供たちや孫たちに「心の故郷」として
帰ってくる場所を残したい

お客様との最初の出会いの時でした。 『自分が育ってきた雰囲気を次世代の子供たちに残し伝えたいと考えています。現代の都会のマンション生活では体験できないもの、欠けているものを残す必要があると考えているのです。 子供たち、孫たちに「心の故郷」としていつでも帰って来れる場所を残したいのです。』 住みなれた家や思い出を大切にしたいというお気持ちでした。

住みなれた家や思い出を大切にしたい

お客様の住みなれた家への想いは、 『私の家は古い民家で、特別に優れた建物でもなく、第三者からみれば残す値打ちがあるものではないのですが、私にとっては昔の田舎の農家の建物のありのままを残しておくことも、それなりに大切なことと思っているのです。』 住みなれた家と思い出と同様に「古き良き日本の暮らし」を大切にされていました。

古き良き日本の暮らしがしたい

『私の希望としては、<古き良き民家>の雰囲気(黒く塗られた天井や引き戸や曲がった梁など)をそのまま残したいのです。その中で、バリアフリーなどにより高齢者が生活しやすいようにしたいのです。外観は古い民家のままの方がいいのです。』 「古民家再生」と言っても建てた当時そのままに戻すわけではありません。 現在の暮らしや家族構成に合わせた古民家に再生します。

歴史ある黒光りする柱、梁がいい

『家の雰囲気は昔のままに残すように、1階の居間や台所は煤に煙ったような天井の色に統一したいのです。我が家には眺めていてもう美しい梁などないでしょうが、できればそういう梁を出したいのです。』 どちらのお家や暮らしにも歴史があるように、どのお家にも美しくない梁などありません。 梁は天井裏に隠れて見えませんが、歴史をきざんだ梁は感慨深いものがあります。 クリーニングや塗装をしただけでも、とても美しくなります。

定年後に落ち着いた暮らしをしたい

『現在の私たち夫婦だけの生活を考えれば、このような改修は必ずしも必要ではないのですが、次のような家屋の使用を考えています。 定年後、今までお付き合いのあった友人、お世話になった同僚や知人を招いて、2、3日でも宿泊したり、田畑に出たり、川遊びをしたり、ホタル見物などの落ち着いた田舎生活を少しでもできたらと思っています。』懸樋工務店は建物がご家族や暮らしにあたえる影響を常に考え、お客様が大切にされているものを大切にして、本当にお役立てできるものをご提案いたします。

懸樋工務店のこだわりの家づくり 注文住宅・リフォーム・古民家再生

  • 注文住宅 フルオーダーの注文住宅
  • リフォーム 今のライフスタイルに合わせてリフォーム
  • 古民家再生

  • ご相談から建築・アフターフォローまで
  • 施工事例はこちら
ご相談から建築・アフターフォローまで
ページの先頭へ