懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
・・・
・・・

空き室アパートの改善提案

懸樋工務店の提案

空室の原因として、例えば、

立地条件は悪くはないが老朽化している
建物のメンテナンスが十分でないために外観的に他のマンションより劣っている
時代の変化によって間取り等が今のライフスタイルに合わなくなった

など、いろいろな事が考えられます。

の老朽化については、多少の費用がかかりますが、やはり修繕や改修が必要でしょう。ただし必要以上にしなくても、安全面が確保されていれば色を塗り替えたり、外壁の修繕だけでも十分見栄えがかわります。

の建物のメンテナンスについてですが、建築後の経過年数にかかわらず、メンテナンスは必ず必要です。ほんのわずかな修繕でも少しずつメンテナンスをしていれば、建物の寿命は全くかわってきます。ライフサイクルコストといって建物を建てる計画段階から取り壊すまでに係る費用も大幅に違います。その方法については、費用をかけずに建物のオーナーさんが自らできることもありますので、ご相談いただければ私たちがアドバイスをさせていただきます。

のライフスタイルの変化については、最近では畳の部屋が少なくなったり、中には全く畳が無い住居もあります。また、今までの住居は収納スペースが少なかったり、セキュリティー面ではインターホンはあるがモニターがない、鍵が簡易でピッキングの可能性が高い、通路や階段等の共用スペースが暗いなど多数考えられますが、このような要因をいくらか解消することによって、空室率の改善につながります。

ページの先頭へ