懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

ホーム > 建物の改善コンサルティング > 懸樋工務店の建物メンテナンス

・・・
・・・

懸樋工務店の建物メンテナンス

建物のライフサイクルコストを最適化する建物メンテナンスとは

建物の生涯にかかる費用をライフサイクルコストといいます。生涯の費用とは、建築前の企画設計段階から建物を取り壊すまでの費用です。ライフサイクルコストの中で新築時の工事費の割合が大きいと思われがちですが、実はその他の費用の負担の方が大きくなっています。その他の費用とは、事務所、工場、マンションなど建物の用途によって違いますが、主にメンテナンス等の維持管理費や光熱費、修繕費があげられます。少しずつでも構いませんので、修繕やメンテナンス、定期的な点検などを行うことによって、一時的に費用が発生してもライフサイクルコストは抑えられますので、しっかりと手入れをしてあげて資産価値を高め、建物の寿命を延ばしてあげることが大切だと私たちは考えます。

懸樋工務店のメンテナンススタイル

建物と長くお付き合いする為には修繕やメンテナンスが必要です。これは、古くなったり、壊れてしまってからではなく、普段からチェックして少しずつでも手を加えてあげることが大切です。清掃も立派なメンテナンスですので、クリーニング等をして綺麗に保つことも建物のために必要ですし、その建物を利用される方も心地よく感じられます。その他に設備的な点検や植栽の維持管理等を行って、ライフサイクルコストの低減と快適性の向上を図ることをご提案いたします。しかし、月日が経つにつれて建物も少しずつ疲れてきてしまうので、徐々に修繕を施してあげなくてはいけません。例えばクラックといってひび割れが生じる場合があります。ひどいものは放っておくと、他に悪影響を及ぼしますので、速やかに補修が必要です。屋根の葺き替えや外壁の塗装替え、もしくは張替えも経過年数と現状をチェックしたうえで必要になります。
新築当時は無かった建材等が新しく開発されているものがありますので、それを使用して修繕することによって強度を増したり快適性をアップさせることが可能です。

ページの先頭へ