懸樋工務店

  • サイト利用規約
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ

ホーム > 会社概要 > 建築に関するQ&A

・・・
・・・

建築に関するQ&A

建物を建てるにあたり、お客様から建物のことや建築の神事についてなどいろいろな問合せをうけることがあります。 ここでは懸樋工務店が経験してきたことやノウハウ、またお客様からの問合せで多いものなど、皆様にお役に立つ情報を随時提供していきたいと思います。

地鎮祭って何ですか?

「じちんさい」と読みます。建築主(お客様)が工事開始に先立ち土地の神様に建物を建てる御許しと挨拶をして、工事の無事を祈願する行事です。建物を建てる土地で行われます。「とこしずめのまつり」といわれることもあります。

地鎮祭はだれがするのですか?

基本的には建築主様が行うものですが、実際は建設会社にたのんで準備や進行をしてもらうことがほとんどです。なかには建築主様だけで行われる方もいらっしゃいます。

地鎮祭の準備は何をするのですか。

地鎮祭にはいろいろな準備がありますが、当社の場合は建築主様にかわり神主様との打合せや式の設営などの準備をさせていただいております。建築主様には玉串料(初穂料)とお酒(お神酒)のご準備をお願いし式の前に神主様に直接お渡ししていただきます。

地鎮祭ってした方がいいんですか?

最近は「どちらでもいいです。」「しない方もいます。あとはお客様の気持ちです。」など簡単に言われる方もいます。確かに費用が発生しますし、日を選ぶので休日でない日にすることも多く大変ではありますが  当社としては、これからお客様が何十年も住まわれたり、使用したりするところですので大切なものと思っています。

地鎮祭では何をするのですか?

地鎮祭の式の中で順番に「修祓之儀(しゅばつのぎ)」「降神之儀(こうしんのぎ)」「献饌之儀(けんせんのぎ)」「祝詞奏上(のりとそうじょう)」「清祓之儀(きよはらいのぎ)」「地鎮之儀(じちんのぎ、とこしずめのぎ)」「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」「撤饌之儀(てっせんのぎ)」「昇神之儀(しょうしんのぎ)」があります。すごく難しそうですが、このなかで建築主様に直接していただくものは「地鎮之儀」と「玉串奉奠」です。「地鎮之儀」のなかには「刈初(かりそめ)」、「穿初(うがちぞめ)」、「鍬入(くわいれ)」があり、この中で「穿初(うがちぞめ)」を建築主様が行います。木製のくわのようなかたちのもので盛ってある砂に「えい、えい、えい」とかけ声とともに入れてもらいます。

ページの先頭へ

懸樋工務店は、建設会社です。お客様に本当に必要な建物を設計・施工・メンテナナンスします。

懸樋工務店のコンセプト

・・・

懸樋工務店の施工実績

・・・

お問い合わせ

懸樋工務店の新着情報

・・・